にきび、敏感肌、乾燥肌をサポートする美肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > にきび対策室 > その他のにきび対策 > 背中や胸のにきび対策

その他のにきび対策

背中や胸のにきび対策


背中や胸にできるにきびで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。夏になって肌を露出する機会が増えると、よけいに気になってしまうものです。また顔ほどのケアができないので、どのようにしたらいいかわからない人も多いと思います。

背中や胸は顔の次に皮脂腺が多く、皮脂が多く分泌されるので、にきぶができます。とはいえ顔ほどのケアは必要なく、普段の生活の中で少し気をつければ、ある程度解消されるものです。

にきび背中には綿のタオルを使う

背中のにきびが気になる人にありがちなのが、お風呂の時にナイロンのタオルでごしごしこすって、皮脂や汚れをできるだけ落とそうとすることです。

確かに汚れや皮脂を落とすことは大切ですが、いくらごしごしこすっても、つまっている皮脂やニキビ菌(アクネ菌)は落とせませんし、逆に刺激を与えすぎて悪化させてしまいます。

にきびが顔にできたからといって、ナイロンのタオルやスポンジでごしごしこすったりはしませんよね?もしそんなことをすれば、にきびは悪化して、シミなどのにきび跡になって残ってしまうかもしれません。

洗うときは、一般の綿のタオルを使うようにして、必要以上にごしごしこすらずに、やさしく洗うようにして、朝晩2回シャワーを浴びるようにしましょう。また夏場はこまめにタオルで汗を拭くことも大事です。

にきび背中には石けんを使う

最近ではボディーソープを使ってる人が多いと思いますが、ボディーソープには合成界面活性剤が多く含まれている場合があります。

合成界面活性剤とは、汚れや皮脂を落とすための油分を、水分となじませるために配合されている物質で、通常の場合は特に問題ありませんが、にきびなどで肌が弱っていたり、敏感肌や乾燥肌の人の場合は、その浸透性や残留性の強さから、さらなる肌荒れを引き起こすことがあります。

背中や胸のにきびが気になる場合は、ボディソープではなく、合成界面活性剤を含まない純石けんを使うようにするといいでしょう。

シャンプーやリンスもしっかり流す

体を洗った後に、髪を洗うと、シャンプーやリンスが背中や胸に付着したままになることがあり、これもまたボディーソープと同じように肌を刺激します。先にシャンプーなどをしてから、体を洗い、しっかり流すようにしましょう。

にきび背中にはボディクリームをつけない

ボディクリームを塗っている人もいるかもしれませんが、背中や胸などににきびができている場合、余分に油分を与える必要はありません。むしろさらににきびを増やしてしまう可能性もあるので、背中や胸にはつけないようにしましょう。

木綿の下着をつける

背中や胸のにきびには、衣類の刺激が影響しています。ニットなど、チクチクするものは刺激になりやすいので、直接肌に触れる服は、木綿などの肌触りのいいものを選ぶようにしましょう。


美肌工房を検索
Webを検索