にきび、敏感肌、乾燥肌をサポートする美肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > にきび対策室 > にきびのためのスキンケア > にきび肌のクレンジング

にきびのためのスキンケア

にきび肌のクレンジング


毎日使うクレンジング料。にきび肌の人は、毎日肌に触れるクレンジング料について正しい知識をもって、自分に合ったクレンジング料を選ぶ必要があります。

油分はニキビ菌の栄養源

当然のことですが、メイクをして夜帰ってきたら、洗顔の前にクレンジングをします。メイクアップ化粧品は油性なので、ただ水で流してもなかなかとれません。油性のメイクは油でなじませる必要があるのです。

しかし、皮脂がニキビ菌(アクネ菌)の栄養源になってしまうのと同じように、油分もまたニキビ菌の栄養源になってしまいます。それはどれだけ上質のオイルであっても同じです。

とはいえメイクを落とすためにはある程度の油分が必要なので、にきび肌のクレンジング料には、適度な油分を含んだものを選ぶことが大事です。

にきび肌には要注意な界面活性剤

また、メイクを油分でなじませたあと、水で流せるようにする必要があります。そこでクレンジング料には、化粧品をなじませて浮き上がらせる油分と、それを水になじませるための、界面活性剤が配合されています。

この界面活性剤はアレルギーなどに関係なく、誰にでも共通に肌に悪影響があります。にきびの炎症などで敏感になっている肌には、あまり触れさせたくないもののひとつでもあります。

しかし上に書いたように、メイクを落とすためにはある程度の油分が必要で、そうなるとどうしても界面活性剤も不可欠になってきます。つまりクレンジング料を選ぶ時は、メイクを落とすための適度な油分と水分、そして適度な界面活性剤が配合されているものを選ぶ必要があります。

にきび肌にはクリームタイプ

にきび肌にはどんなクレンジング料がいいのでしょうか。おすすめなのが、クリームタイプのクレンジング料です。油分も水分も多すぎず少なすぎず、界面活性剤の量も適量だといえます。にきび肌にあまり刺激を与えないように、肌触りがソフトなものを選ぶといいでしょう。

最近多いオイルタイプのものは、メイクがよく落ちるので、使っている人も多いと思いますが、オイルタイプというだけあって油分が非常に多く、メイクが落ちやすいのもそのためです。

油分が多いということは、界面活性剤も多く配合されているということなので、もちろん個人差もありますが、にきび肌の人はオイルタイプはなるべく避けた方がいいでしょう。

油分が多く、そのため界面活性剤が多いオイルタイプとは反対に、水分が多いのが泡タイプのものです。泡を作るためには、水分が多く必要になります。

水分が多いということは、メイクとのなじみが良くないということなので、結果、メイクを落とすために、オイルタイプと同じように界面活性剤が多く配合されている場合が多いです。

また、手軽にできることで人気のシートやコットンで拭き取るタイプのクレンジング料があります。にきび肌の人に限らず、メイクや汚れを繊維質のもので拭き取るという動作は、最も肌を傷めます。

赤ら顔や、後々シミになるのを防ぐためにも、拭き取りタイプは、どうしても必要な時のみ使うようにした方がいいでしょう。

にきび肌のクレンジング方法

上に書いたように、油分や界面活性剤を含むクレンジング料は、肌に刺激を与えるので、なるべく短時間でサッと終わらせる必要があります。

まずは手を清潔に洗います。クレンジング料を手にとって、手で軽くあたためます。体温に近い状態にして顔になじみやすくするためです。ごしごしこすらなくてもいいように、多めにとるようにしましょう。

手にとったクレンジング料を、指の腹でとり、濡れていない状態の顔に、皮膚の強いところからクレンジング料をつけていきます。まずは額や鼻のTゾーン。次に頬やあごなどのUゾーン。最後に最も皮膚の弱い目元、口元につけていきます。

この時なるべく力を入れず、やさしく顔に乗せていくようにしましょう。ごしごしこすってしまうと、肌への刺激になります。メイクはクレンジング料となじむことによって浮き上がるので、こする必要はありません。

メイクがなじんできたら、水に近いぬるま湯ですすぎます。熱めのお湯だと、肌に必要な皮脂まで落としてしまったり、肌への刺激になってしまうので、ぬるま湯ですすぐようにしましょう。

すすいだ後、多少メイクが残っていたとしても、クレンジングを短時間で終わらせることを優先しましょう。このあとに洗顔するわけですし、マスカラなどが多少残っているより、クレンジング料が長い時間ついている方が肌には悪影響があります。目安としては1分ぐらいで終わらせるようにしましょう。

落ちにくいポイントメイクには

パーティーなどで濃い目のメイクをして、目元や口元のメイクが落ちにくい場合は、クレンジングの前に、オリーブオイルとコットンを使って軽く落としておくのもいいでしょう。

目元や口元に限っては、年齢に関わらず皮脂腺が少なく、皮脂の分泌が少ないので、多少油分を与えても問題はありません。

オリーブオイルがコットンの裏までしみるぐらいたっぷりと含ませて、目元や口元に乗せて、そのまま1分ぐらいおきます。この時決してこすらないようにしてください。1分おいたら軽くぬぐいます。

このあとにクレンジングをするわけですから、この時完全にメイクを落とす必要はありません。

やりすぎないクレンジング

にきびが気になるあまり、1日に何度もクレンジングしたり、メイクもしていないのにクレンジングする人がいますが、必要以上のクレンジングは逆に肌を傷めます。

思春期のにきびなど、皮脂の過剰分泌が原因の場合、確かに余分な皮脂や油汚れを落とすことは大切ですが、やりすぎると肌の大事なうるおい成分まで落としてしまい、乾燥してしまう場合があります。

またアダルトにきびの場合、皮脂が多くなくても、角質層が厚くなり毛穴をふさぐことからにきびができることがあるので、洗いすぎるとよりいっそう乾燥してしまい、角質層の角化を促進してしまう場合があります。こうなると逆ににきびができやすくなってしまいます。クレンジングはメイクをしたあとだけでいいといえるでしょう。


美肌工房を検索
Webを検索