にきび、敏感肌、乾燥肌をサポートする美肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > にきび対策室 > にきびのためのスキンケア > にきび肌の保湿

にきびのためのスキンケア

にきび肌の保湿


にきびができると、あんまりいろいろつけない方がいいのかもと思って、何もしない人がいますが、にきび肌でも保湿はしっかりしなくてはいけません。ではにきび肌にはどのように保湿をしたらいいのでしょうか。

にきび肌は油分を控えめに

皮脂がニキビ菌(アクネ菌)の栄養源になってしまうように、どれだけ上質で天然の油でも、油分はすべてニキビ菌の繁殖の原因になり、にきびを増やすことにつながりかねません。

クレンジング料や洗顔料、乳液やクリームなど、化粧品に含まれるすべての油分も同じです。なるべく油分の少ない化粧品を使うようにした方がいいでしょう。

にきび肌には水分が必要

皮脂の多いオイリー肌だからといって、乾燥肌ではないとは限りません。特にアダルトにきびの場合、肌が乾燥して角質が厚くなり、毛穴をふさぐ結果、皮脂がつまってにきびの原因になっていることが多いです。こういった場合は特に保湿をしっかりしなくてはいけません。

化粧水は保湿になる?

クレンジングや洗顔のあと、保湿のためと思って化粧水をつける人が多いと思いますが、実際のところはどうなんでしょうか。確かに化粧水をつけると、なんとなくみずみずしくなった気がして、保湿できたように感じます。

しかし、化粧水の成分のほとんどは水ですが、水をつけたからといってその水分がそのまま肌の水分になってくれるわけではありません。

荒れた手のひらに水をつけても、蒸発してしまえばまた元の荒れた手に戻ります。バサついている髪の毛を濡らしても、乾けばまたバサつくのと同じで、水をつけるだけでは本当の意味での保湿にはなりません。

保湿とは、肌の水分を保ってくれるセラミドやヒアルロン酸といった保湿成分を補ってあげることをいいます。「肌の保湿機能を高める」ことが真の保湿なのです。

にきび肌にはビタミンC誘導体配合の化粧水

化粧水にヒアルロン酸などの保湿成分が含まれている場合がありますが、これらは量が多いと粘り気が出てくるので、ごくわずかしか含まれていないことが多いです。

どうせ化粧水をつけるなら、ビタミンC誘導体が配合されていて、他にいろいろと入っていないシンプルなものがおすすめです。

ビタミンC誘導体は、皮脂を抑えてにきびを予防してくれるうえに、赤みの残っているにきび跡を薄くしてくれる効果があるからです。

油分控えめ、セラミドやヒアルロン酸配合の美容液

セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分は美容液で補給してあげるようにしましょう。成分を確認して、多く配合されている美容液を使うといいでしょう。

油分控えめのものを使えば、角質が硬くなるのを防いで、毛穴がつまりにくくなり、にきびができにくくしてくれます。

にきび肌への化粧水、美容液のつけ方

化粧水や美容液は、コットンを使わず、手でなじませてあげた方がいいでしょう。どんなに上質なコットンでも繊維質であることには変わりなく、毎日何度も肌に触れるものですから、小さな刺激でもあなどれません。

手でつけるとムラができるといいますが、それは塗り方次第で、コットンでもムラができることはあります。手が水分を吸い込んでしまうというのもよく聞きますが、手がそんなに急速に水分を吸うことはありません。清潔であれば、手でつける方をおすすめします。

やり方としては、まず顔全体になじませて、指の腹を使って、顔の内側から外側へ、下から上へ、鼻だけ上から下へとなじませます。

最後に目元とフェイスラインを手でそっと押さえてなじませましょう。間違ってもこすらないように、やさしく手でなじませてください。


美肌工房を検索
Webを検索