美肌をサポートする、にきび、敏感肌、乾燥肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > 美肌の基礎知識 > 肌の基礎知識 > 真皮とは

肌の基礎知識

真皮とは


肌を覆う表皮の下にあるのが真皮です。肌のみずみずしさや弾力などに深く関わっていて、美肌のスキンケアを考えるうえでも、シミやシワなどのアンチエイジングを考えるうえでも、とても大事な役割を持っています。

真皮

表皮の下にあり、厚さ2mmほどの真皮ですが、その約70%がコラーゲンという弾力のある繊維でできています。このコラーゲンが網目状にはりめぐっているので、真皮は弾力性があり、肌も伸び縮みするわけです。

真皮には網目状のコラーゲンを支えるエラスチンという繊維もあります。真皮の5%を占めるエラスチンとコラーゲンは、年齢とともに減って息、これがシワやたるみの原因になるのです。

これらの繊維の間を埋め尽くすように存在しているのが、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、水分を大量に含むため、ヒアルロン酸が多いとみずみずしい肌になります。ただこれもまた、年齢とともに減っていくため、肌の水分も減っていきます。

その他に、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出している繊維牙細胞、皮脂を分泌する皮脂腺、汗を分泌する汗腺などが、真皮を形成しています。

コラーゲン

たんぱく質の一種で、繊維状の構造をしています。皮膚以外にも骨や筋肉、内臓など、体のいたるところにあります。

皮膚のコラーゲンは真皮にあり、真皮の約70%を占めています。弾力のあるコラーゲンが網目状にはりめぐらされているから、肌は伸び縮みするし、押しても元に戻るのです。

しかし、ゴムと同じように、年齢とともに弾力を徐々に失っていきます。紫外線によって劣化する場合もあります。またコラーゲンは繊維質であって細胞ではないので、表皮細胞のようにターンオーバーすることはありません。

コラーゲンは繊維牙細胞というところで作られ、古くなり劣化したものは酵素によって分解されます。ターンオーバーはしないものの、このように代謝はしています。

ただ、このスピードは非常にゆっくりで、肌のコラーゲンがすべて代謝するのに数年かかるといわれています。この代謝も40代になるとほとんど行われなくなり、コラーゲンは古くなり、減っていきます。真皮の弾力性の元であるコラーゲンが減るわけですから、シワやたるみが出てくるわけです。

化粧品などで、コラーゲンが配合されているものがよくありますが、これは保湿成分としてのコラーゲンなので、真皮のコラーゲンを補充するものではありません。よって、シワが治るというわけではありません。

ヒアルロン酸

ムコ多糖類というゼリー状の物質です。皮膚以外にも腕や足の関節の中で、関節がスムーズに動くように潤滑油のような役割を果たしたり、目の中の水分を一定に保ったりしています。

皮膚のヒアルロン酸は真皮にあり、網目状になっているコラーゲンやエラスチンの間を埋め尽くしています。ヒアルロン酸は水分を含もうとする力が非常に強いので、ヒアルロン酸があればあるほど、真皮はみずみずしくなります。

これもまた年齢とともに減っていくので、肌の水分が減っていくのはもちろん、関節の動きにも支障をきたしたりします。ヒアルロン酸は赤ちゃんの肌にもっとも多くあるので、赤ちゃんはみずみずしい肌でいられるわけです。


美肌工房を検索
Webを検索