美肌をサポートする、にきび、敏感肌、乾燥肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > 美肌の基礎知識 > 美肌のための生活習慣 > 生理とホルモンの関係

美肌のための生活習慣

生理とホルモンの関係


女性の美肌を体内から考える場合、避けて通れないのが生理とホルモンの関係です。女性には基本的には月に一度生理があり、それに伴ってホルモンも変化していきます。

1ヶ月の中でもホルモンバランスは大きく変化しますが、初潮から閉経までの間に少しずつ変化していき、妊娠や出産のときは大変大きく変わっていきます。これらのホルモンの変化によって、もちろん肌も大きく影響を受けます。

そのため、正しいスキンケアで美肌を保つには、この生理とホルモンの関係を知り、自分が現在どのような状態にあるのかを理解し、それに合ったスキンケアを施す必要があります。

生理前の黄体ホルモン

まず女性の肌を弱くさせるのが黄体ホルモンです。プロゲステロンと呼ばれるこのホルモンは、生理前に分泌され、皮脂の分泌を増やして、にきびをできやすくしたり、シミができやすい環境をつくったりするといわれています。

生理前になるとむくんだり、精神的にイライラしたりするのも、このホルモンの影響です。普段、睡眠不足で生活が不規則だったり、ストレスが多かったりすると、黄体ホルモンの影響がより強く出ます。

これは体質によるものが大きく、そこまで肌に影響が出ない人もいれば、生理前には必ず肌が荒れる人もいます。生理前に肌が荒れた場合は、それなりのスキンケアをする必要があります。

生理前は基本的に肌が弱くなっていると思ってスキンケアをしましょう。化粧品も敏感肌用のものを使うといいでしょうし、美白などのプラスアルファのスキンケアは、この時期はお休みした方がいいでしょう。

にきび用の化粧品は、弱くなっているこの時期の肌には強い可能性があるので、あくまで保湿に専念するべきです。またシミができやすい時期でもあるので、紫外線対策はしっかりしましょう。

生理後の卵胞ホルモン

次に肌を健康にしてくれるホルモンが卵胞ホルモンです。エストロゲンと呼ばれるこのホルモンは、生理後に分泌され、コラーゲンを増やすなど、女性の美肌の鍵を握っています。

このホルモンがスムーズに分泌されていれば美肌を保つことができ、逆に正常に分泌されなければ肌荒れの原因になるということです。卵胞ホルモンは生理の正しい周期を維持していて、生理が不順だったり、過激なダイエットなどによって生理が止まってしまえば、その分肌に悪影響があり、肌の老化が早まったりします。

美肌以外でも、生理は女性にとって健康全般に影響する大事なものです。生理が不順だったり、血の量が減ったりした時は、軽く見ないで早めに婦人科に相談した方がいいでしょう。

特に若い人の場合、生理が多少遅れても気にしない場合がありますが、そのままにしておくと、肌の老化が早まるだけでなく、通常より早く閉経してしまうこともあるので、要注意です。

また、生理が来ていても、排卵だけが止まっている場合があります。不安な場合は医師に相談して、基礎体温をつけるようにして、排卵があるかどうかを確認してもいいでしょう。

卵胞ホルモンは、初潮とともに思春期に急激に増え始め、閉経とともに減っていきます。できるだけ通常の分泌を行わせるためには、規則正しい健康的な生活をするしかありません。美肌のために一番いいのは、健康的な生活を心がけることなのです。

ちなみにこのホルモンと似たような働きをしてくれるとして、最近では大豆に含まれるイソフラボンという成分が注目されています。日本人は昔から大豆をよく食べていたため、他の民族に比べて肌の老化が遅いともいわれています。


美肌工房を検索
Webを検索