美肌をサポートする、にきび、敏感肌、乾燥肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > 美肌の基礎知識 > 美肌のためのスキンケア > 美容液・乳液・クリーム

美肌のためのスキンケア

美容液・乳液・クリーム


化粧水をつけたあとにつける美容液や乳液、クリームには、一体どんな効果があるのでしょうか。美肌のためにこれらをうまく使うためには、それぞれの性質や成分を理解する必要があります。

特に美容液は、美肌を保つスキンケアには必要不可欠なものです。どういったものを選び、どのように使うといいのでしょうか。

美容液とは

化粧水のあとにつける美容液は、たいていは透明か半透明のジェル状のもので、保湿成分や美白成分、最近ではアンチエイジングの成分など、いろいろな成分を含んでいる化粧品です。

最近では美容液にもいろいろな種類が増えて、化粧水のように水気の多いものや、クリームに近い硬さをもったものもあります。

美容液の成分を確認する

美容液はまず保湿の効果がしっかりあることが大事です。セラミドやレシチン、ステアリン酸コレステロール、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンといった保湿成分がどれくらい入っているか確認しましょう。美容液には保湿だけに専念している、いわゆる保湿液と呼ばれるものもあります。

美容液と名乗っているからには、保湿以外の美容効果も期待したいので、アルブチンやエラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体などの美白成分や、同じくビタミンC誘導体、ナイアシン、ポリフェノールなどのアンチエイジング成分など、自分のスキンケアに合った成分がどれくらい配合されているか、確認するようにしましょう。

ベタベタしないジェルタイプがおすすめ

これは実際に使ってみないとわからないことが多いですが、硬すぎたり、ベタベタ感が多い美容液は、肌に刺激になる場合があります。粘性を増すために、増粘剤という化合物を使っていて、これが多すぎると、逆に肌荒れの原因になることがあるからです。なるべくサラッした感触の美容液を選ぶようにするといいでしょう。

美容液は化粧下地のかわりにもなる

ファンデーションの前に専用の化粧下地をつけることがあります。これはファンデーションの乗り具合を良くしたり、肌色を調整したりするものですが、その分いろいろな成分が入っていて、肌に負担になる場合があります。

肌の水分と油分のバランスがよければ、美容液をつけるだけで充分、化粧下地のかわりになります。乾燥肌が気になる場合は、その上に保湿成分が配合されている乳液やクリームをつけてあげるといいでしょう。

美容液のつけ方

顔全体につける

保湿効果はもちろん、美白やアンチエイジングの効果を狙っているわけですから、気になる一部ではなく、顔全体につけるようにしましょう。つけ方は化粧水と同じように手を使ってそっとなじませていきます。

複数の美容液をつける場合

保湿専用タイプと美白タイプなど、2種類以上の美容液をつける場合は、まず保湿タイプをつけてから、その他のタイプのものをつけます。

また水気の多い美容液と油っぽい美容液をつける場合は、先に水気の多い美容液をつけるようにしましょう。ただTゾーンは皮脂分泌が多めなので、油っぽい美容液はUゾーン限定で使った方がいいでしょう。

乳液とは

主に肌に油分を与えるためにつける、不透明で粘り気のある乳状の化粧品です。以前は化粧水とセットで売られていましたが、これは、肌に水分を与えた後に、油分で閉じ込めるというスキンケアの考え方に基づいたものです。

ただこの考え方は、今では少し古い考え方のようです。肌の水分は、油分で閉じ込める作用よりも、セラミドなどの保湿成分と水分が結合することによって保たれているからです。よって今では乳液よりも美容液全盛期になっているわけです。

どんな乳液を使う?

しかし最近は、保湿成分が配合されている美容液に近い乳液も出ています。乳液を手放せない人は、そういったものであれば使ってみるのもいいかもしれません。

また人によりますが、30代までは皮脂分泌が充分にあるので、必要以上に油分を与えるのはあまりよくありません。油分をあまり多く含んでいない乳液を選んだ方がいいでしょうし、Tゾーンは基本的に皮脂が多いので、Uゾーンや目元、口元だけにつけた方がいいでしょう。

美容液と乳液のつけ方

顔全体になじませる

手のひらにとり、一度顔全体に軽くなじませます。

指の腹でのばす

指の腹を使って、顔の内側から外側へ、下から上へとなじませていきます。鼻だけ上から下へとなじませます。

目元とフェイスラインをおさえる

最後に目元とフェイスラインを手でそっと押してなじませます。

30代まで、特に思春期の場合は、肌に皮脂が多く油分を与える必要がないことも考えられるので、乳液をつけるのであれば顔全体ではなく、乾燥が特に気になる部分だけにつけるようにしましょう。

スキンクリームとは

肌に油分を与えるために基本的にはピンポイントで使う化粧品です。30代までは肌の油分はあまり減りませんが、目元や口元は、年齢に関係なく皮脂腺が少なく、皮脂分泌が少ないので、この部分の乾燥が気になる場合は、スキンクリームをつけるのもいいでしょう。

どんなスキンクリームを使う?

最近ではジェル状になっていてクリームっぽくないものが出ていますが、それだと美容液と同じような働きしかできないので、油分を与えられるクリームらしいものを選びましょう。

スキンクリームのつけ方

洗顔の後に化粧水と美容液を顔全体につけたあと、薬指の腹を使って、目元や口元だけにやさしくなじませます。こすらないように気をつけましょう。また皮脂が充分あるところに塗らないように、ピンポイントでつけるようにすることが大事です。


美肌工房を検索
Webを検索