美肌をサポートする、にきび、敏感肌、乾燥肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > 美肌の基礎知識 > 美肌のためのスキンケア > 美肌のためのクレンジング

美肌のためのスキンケア

美肌のためのクレンジング


ファンデーションを使ってメイクしている方がほとんどだと思いますが、ファンデーションを使った場合、洗顔の前にクレンジングをするいわゆるダブル洗顔の必要があります。

メークアップ化粧品は油性なので、水になじまず、普通の洗顔では落ちません。特に最近のメークアップ化粧品は、水や汗に強く、耐水性に優れていて崩れにくくなった分、洗顔だけでは落ちないので、クレンジングが必要です。

クレンジング料には、化粧品をなじませるための油分と、水になじませるための界面活性剤が配合されています。この界面活性剤の質や量によって、クレンジングの良し悪しが決まってきます。

またクレンジング料は毎日肌につけるものですが、実はとても肌を傷めやすいものです。とはいえ化粧品を落とすには不可欠なものなので、良いクレンジング料を選んで、なるべく短時間で終わらせることが大事です。

どんなクレンジング料を使う?

オイルタイプ、リキッドタイプのクレンジング料?

クレンジング料にはオイルタイプやジェルタイプなど、最近ではいろいろなタイプのものがあります。なるべく肌を傷めずに、かつ化粧をよく落としてくれるものを選ぶ必要があります。

最近ではオイルタイプのクレンジング料が多いようです。オイルタイプは汚れを落とす力が非常に強く、人気のようですが、これは油分を多く含み、化粧品とよくなじむからです。

油分が多いということは、逆に水になじませる界面活性剤も多く配合されているということになり、肌を傷めやすいということがいえます。またさらさらの液状なので、肌になじませる時についこすって、肌を傷めがちです。

また毛穴の中の汚れを落とそうと、オイルタイプでマッサージをしても、毛穴の中の汚れはなかなかとれませんし、界面活性剤を大量に肌に塗りつけているようなものなので、あまりおすすめできません。これらはリキッドタイプのクレンジング料にも同じことがいえます。

ミルクタイプのクレンジング料?

さらさらしていて、なんとなく肌にやさしいイメージがあるミルクタイプのクレンジング料があります。確かに肌への刺激は弱いですが、水分が多く、化粧品となじみにくく、結果汚れが落ちにくいといえます。

汚れが落ちにくいと、つい肌をこすってしまいがちなので、肌を傷めやすくなります。ただ、軽めのメイクで、気休め程度にクレンジングする場合はミルクタイプでも大丈夫でしょう。

拭き取りタイプのクレンジング料?

CMなどでよく見かけるシートやコットンで拭き取るタイプのものがあります。時間をかけずに、手軽にできることで人気があるようですが、汚れを拭き取るという動作は、最も肌を傷めます。

毎日これを使うと、肌が赤くなったり、後々シミの原因になったりするので、どうしても緊急を要するときだけ使うようにすることをおすすめします。

泡タイプのクレンジング料?

泡の状態で出てきて、手軽で肌にもやさしそうな泡タイプですが、泡を作るためには水分が必要で、化粧品とのなじみが悪くなるので、その分、界面活性剤が多く入っている場合があります。

クリームタイプのクレンジング料がおすすめ

これらのことを総合すると、洗い流せるクリームタイプは、油分も水分も多すぎず少なすぎず、界面活性剤の量も適度だといえます。こすりすぎて肌を傷める可能性も低いでしょう。また白いジェルタイプのものでも同じことがいえます。

クレンジング料を選ぶ時は、値段の安さや手軽さで選ぶのではなく、質や自分との相性を考えてちゃんと選ぶようにしましょう。もともとクレンジング料は、毎日使うものなのに肌を傷めやすいものなので、ここでつまずいていると、そのあとどんなスキンケアをしても、効果があまりないといえるからです。

クレンジングの方法

手であたためる

体温に近くなった状態で使用すると、顔になじみやすくなります。クレンジング料には界面活性剤が入っていて、あまり長い時間クレンジング料が肌についていると、逆に肌荒れの原因にもなるので、短時間で終わらせるのがポイントです。そのためにも手で一度あたためて、顔になじみやすくすることが必要です。

やさしくなじませる

肌がぬれていない状態で肌になじませていきます。肌をこすらなくてもいいように、クレンジング料は多めにとるようにしましょう。順番としては、顔の中でも皮膚が強い部分から先にのばしていき、最後に皮膚が薄く弱い部分になじませます。

手のひらにとったクレンジング料を指の腹の部分でとり、まずは額や鼻などのTゾーンに伸ばします。

次に頬やあごなどのUゾーンに伸ばします。

最後に皮膚の弱い目元や口元に伸ばします。

できるだけ力を入れずに、やさしく顔になじませていきましょう。ごしごし洗ってしまうと、肌を刺激する上に、逆に汚れが浮き上がりづらくなってしまいます。

すすぐ

メイクがクレンジング料とよくなじんできたら、ぬるま湯ですすぎましょう。この時、ベタつきが気になるからといって、熱めのお湯を使うのはやめましょう。温度が高いと必要な皮脂まで落としてしまう場合があるので、特に乾燥肌、敏感肌の人は、水に近いぬるま湯で流すようにしましょう。

クレンジング料は肌を傷めやすいものなので、クレンジングは短時間で、約1分ぐらいで終わらせるようにしましょう。ベタつきが気になったり、マスカラなどが多少残っていたりしても、このあとに洗顔をするので、とにかく短時間で終わらせましょう。

落ちにくいポイントメイクには

目元や口元の落ちにくいメイクには、オリーブオイルを使うといいです。普通に薬局で売っているオリーブオイルで問題ありません。コットンに含ませて、クレンジングの前に軽く落としましょう。

オリーブオイルをコットンの裏までしみるぐらいたっぷりと含ませます。

目元や口元に乗せて、そのまま1分おきます。

こすらないように気をつけながら、コットンで軽くぬぐいます。

この時、口紅やアイラインが少し残っていても、このあとにクレンジングをするので、大丈夫です。


美肌工房を検索
Webを検索