美肌をサポートする、にきび、敏感肌、乾燥肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > 美肌の基礎知識 > 美肌のためのスキンケア > 美肌のための化粧水

美肌のためのスキンケア

美肌のための化粧水


クレンジングと洗顔が終わったら、とりあえず化粧水をつける人がほとんどでしょう。美肌を維持するスキンケアには保湿が絶対に欠かせません。

みずみずしくうるおっている美肌のために化粧水をつけることは、一体どんな効果があって、どんな化粧水を使うのが一番いいのでしょうか。

美肌のために化粧水で保湿?

洗顔のあとに必ず化粧水をつける人がほとんどだと思います。化粧水をつけるとなんとなく肌がみずみずしくなったように感じ、保湿しているように感じますが、実際は保湿になっていません。

化粧水の成分の大半は水で、肌に水をつけたからといって、それがそのまま肌の水分になることはなく、蒸発してしまえばまた元に戻るからです。パサついている髪の毛を濡らしても、乾けばまたパサついてしまうのと同じことです。

乾燥肌を気にして、化粧水を何度もつける人もいますが、極めて一時的なものなので、あまり意味はなく、コットンでつけている場合には、その度に肌に刺激を与えていることになり、美肌には逆効果になるとさえ言えます。

本当の意味の保湿とは、水分を与えることではなく、肌の保湿力を高めることです。肌の水分を保っているのは、角質層にあるセラミドや、保湿成分であるヒアルロン酸などです。これらが不足している状態でいくら水を与えても、蒸発してしまって終わりということです。

ちなみにヒアルロン酸が化粧水に含まれている場合もありますが、量が多いと粘性が出てくるので、ごく少量しか含まれていません。セラミドやヒアルロン酸が含まれているのは美容液やクリームです。美肌のための保湿効果があるのは美容液やクリームなのです。

肌にいろいろつけたくなくて、化粧水だけつけるようにする人がいますが、これでは水分が蒸発する一方なので、どうせなら美容液やクリームだけをつけるようにした方がいいです。

ビタミンC誘導体配合の化粧水を使う

では化粧水はなんのためにつけるのでしょうか。極端に言えば、化粧水は気休めのためにつけるようなものですが、最近ではビタミンC誘導体などの水溶性美肌成分が配合された化粧水が出ています。

水溶性美肌成分とは、水に溶けてなじみやすい美肌成分のことで、ビタミンC誘導体以外には、アミノ酸やビタミンB3などがあります。ヒアルロン酸やコラーゲンもこれにあたりますが、量が多いと粘性が出てくるので、化粧水にはごく少量しか入っていません。

ビタミンC誘導体は皮脂を抑えてにきびを予防してくれる上に、赤みの残ったにきび跡や、シミとして残ったにきび跡を薄くしてくれる効果もあるので、化粧水を選ぶときは、ビタミンC誘導体を含んだものを選ぶといいでしょう。

化粧水のつけ方

コットンは使わずに手で

化粧水はなるべくコットンを使わずに、手でつけるようにしましょう。どんなに高級なコットンでも、繊維質であることには変わりなく、肌に触れるたびに小さなダメージを与えてしまいます。

もし角質層が傷ついてしまうと、そこから外界の刺激が入り込んだり、肌の水分が逃げていってしまい、乾燥肌や肌荒れ、肌の老化の原因になってしまいます。

手でつけるとムラができるといいますが、それはつけ方次第で、実際はそんなに変わりません。また化粧水を手が吸ってしまうともいわれますが、そんなに急速に手が水分を吸収することはなく、第一、吸ってしまうのはコットンも同じことです。

化粧水にしても美容液にしても、手でつけるのはスキンケアの基本であるといえます。洗ってある清潔な手であれば、顔全体に何度も繊維質を触れさせるよりよっぽど肌にはいいです。

顔全体になじませる

手のひらにとり、一度顔全体に軽くなじませます。

指の腹でのばす

指の腹を使って、顔の内側から外側へ、下から上へとなじませていきます。鼻だけ上から下へとなじませます。

目元とフェイスラインをおさえる

最後に目元とフェイスラインを手でそっと押してなじませます。

化粧水をバシャバシャと叩くようにつける人がいますが、肌が赤くなったり、シミの原因になる場合があるので、手でそっとなじませるようにつけましょう。


美肌工房を検索
Webを検索