美肌をサポートする、にきび、敏感肌、乾燥肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > 美肌用語集 > ターンオーバー

美肌用語集

ターンオーバー

ターンオーバーという言葉は、転換、再編成、入れ替わるといった意味ですが、美容では表皮の入れ替わりのことをいいます。表皮の一番下にある基底層で作られた表皮細胞は、有棘層で栄養を補給し、分裂しながら押し上げられていきます。

約28日かけて角化しながら角質層にたどり着き、死んだ細胞、角質細胞となり、最終的には垢となってはがれ落ちていきます。表皮細胞が生まれ、角質細胞となってはがれ落ちていくこのサイクルをターンオーバーといいます。

ターンオーバーによって、表皮細胞は常に新しいものに入れ替わっていることになります。このため表皮にできた傷は、痕にならずに治るわけです。爪や髪の毛が生えかわるのと同じイメージです。

ただ、傷が表皮を越えて真皮まで達してしまうと、真皮にはターンオーバーの仕組みがないため、痕が残ってしまう場合があります。これは傷だけに限らず、紫外線にも同じことが言えます。

紫外線によってメラニン色素ができても、表皮の中にいる分には、約28日後のターンオーバーでいっしょに体外へ出ていき、肌の色は元に戻ります。しかし色素が真皮までいってしまうと、基本的にはそこに残り続けることになり、これがしみとなるわけです。

このターンオーバーは、年齢とともに速度が遅くなっていき、40代になると、約40日かかるようになるといわれています。こうなると傷の治りも遅くなり、しみもできやすくなってしまいます。

また角質層の厚さが増し、逆に表皮の角質層より下の層が薄くなるため、肌がくすんだり、硬くなったり、しわができたりもします。


美肌工房を検索
Webを検索