敏感肌、乾燥肌、にきびをサポートする美肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > 敏感肌・乾燥肌情報局 > 敏感肌・乾燥肌の基礎知識 > 敏感肌・乾燥肌とは

敏感肌・乾燥肌の基礎知識

敏感肌・乾燥肌とは


肌がカサカサになってしまい、白く粉がふいてしまうほどの乾燥肌や、ちょっとした刺激に肌が反応して、肌が荒れがちになってしまう敏感肌の人が、最近多いようです。そもそも敏感肌や乾燥肌とはどういうものなのでしょうか。

乾燥肌とは

人間の肌には、外界からの刺激が侵入するのを防いだり、体内の水分が蒸発する、つまり乾燥を防ぐ、いわゆるバリア機能があります。このバリア機能を果たしているのが、肌の表面にある角質層です。

この角質層は、角質細胞と呼ばれるレンガと、セラミドなどの細胞間脂質と呼ばれるセメントによって形成されています。これらの細胞間脂質は、水と結合して肌の水分を保ってくれる重要な保湿成分です。

この保湿成分の働きによって、私たちの角質層は約30%の水分を保つことができるわけですが、保湿成分が何らかの原因で正常に働かなくなったり、減っていったりすると、水分を保てなくなり、肌は乾燥していきます。こうして肌の水分が30%以下になってしまった状態を、乾燥肌といいます。

乾燥肌の反対語は、オイリー肌だと思っている人がいるかもしれませんが、乾燥するかどうか、水分が多いか少ないかで決まるのであって、油分が多いか少ないかは別問題です。乾燥肌でもオイリー肌の人はいます。乾燥肌は、あくまで保湿成分の機能が悪くなり、水分を保てなくなっている肌のことをいいます。

敏感肌とは

乾燥肌になると、つまり角質細胞を支えているセメントの役割を果たしていた細胞間脂質が減ってくると、角質細胞が安定せず、垢になる前にはがれ落ちてしまいます。肌が乾燥しすぎて白く粉をふいている状態がこれです。

こうなると当然バリア機能も弱くなってくるわけで、外界からの刺激が入りやすくなり、小さな刺激にも反応し、肌が敏感になります。これを敏感肌といいます。

敏感肌になると、髪の毛やほこりが触れただけでかゆくなったり、洗顔料や化粧水がしみるように感じます。これは角質層のバリア機能が弱くなっている証拠で、それは保湿成分の減少による乾燥が原因なのです。

乾燥により肌は硬くなる

乾燥すると足の裏が硬く厚くことがありますが、顔の皮膚も同じように、乾燥すると硬くなり、ゴワゴワしてシワのように見える場合があります。

肌が硬くなるのは、角質層が必要以上に厚くなってしまうためです。乾燥によってバリア機能が正常に機能しなくなると、自動的に肌を守ろうとして、角質層が厚くなります。

敏感肌・乾燥肌の悪循環

肌のバリア機能を守るために、皮膚はあわてて角質細胞を作り出し、角質層を形成しようとしますが、本来、角質細胞とは表皮の最下部である基底層で生まれた表皮細胞が、肌の表面にのぼっていくにつれて角質細胞に変化していってできるものです。

これをターンオーバーと呼びますが、これには通常約28日の時間が必要です。大急ぎで作られた角質細胞は未熟で、角質層が厚くなっても、正常なバリア機能は果たせないままです。

また、保湿成分であるセラミドなどの細胞間脂質も、表皮細胞が角質細胞へ変化する過程で作られるものなので、ターンオーバーが正常に行われないと、これらの保湿成分もきちんと作られなくなります。

これによって肌は乾燥の悪循環を繰り返し、慢性的に乾燥肌、敏感肌になり、肌荒れや湿疹など、肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。


美肌工房を検索
Webを検索