敏感肌、乾燥肌、にきびをサポートする美肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > 敏感肌・乾燥肌情報局 > その他の敏感肌・乾燥肌対策 > 手の乾燥対策

冬場など乾燥している時期には、手が荒れてしまう人も多いでしょう。特に食器洗いなど、洗剤や水に触れる機会の多い女性に多いようです。手はどんなに荒れていても、まったく使わずに生活するということができません。

そのため一度乾燥して荒れてしまうとなかなか治らず、水や紙など、いろいろなものに触れるたびに刺激を与えてしまい、手荒れの悪循環にはまってしまいます。

よく使う利き手の方から荒れていき、皮膚が厚く硬くなり、そのままにしておくとひび割れて、出血や痛みやかゆみなどを伴います。手を使わずに生活できないだけに、こうなると非常につらいものがあります。

手をできる限り保護する

まず手をあらゆる刺激から守ってあげる必要があります。食器洗いなどの水仕事をする時は必ずゴム手袋をつけて、特に洗剤は絶対に素手で触れないようにしましょう。野菜についている泥やアクなども刺激になってしまうので、ビニール手袋などをつけて触るようにしましょう。

ハンドクリームで油分を与える

次に手に油分を与えます。手のひらには皮脂腺がないため、油分が不足しがちになります。ハンドクリームには油分が含まれているので、手が水に触れた時や、寝る前など、乾燥してるなと思ったら、こまめにハンドクリームをつけるようにしましょう。

ハンドクリームのつけ方

ハンドクリームを手にとって、手のひらと甲の全体になじませます。

指を一本ずつ、付け根から指先に向かって、さすりながらなじませていきます。指先は荒れやすいので軽く押してなじませましょう。

指と指の間も忘れずになじませます。

最後にもう一度手のひらに、親指を使って軽くマッサージするようにしながら、なじませます。

手を洗い過ぎない

手を1日に何度も洗う人がいます。職業柄しかたない場合もありますが、手が荒れている時は、水に触れただけで刺激を与えてしまいますし、うるおい成分まで落としてしまうこともあるので、必要以上に洗うことはありません。

そして手を洗ったあとは、乾燥を防ぐために必ずハンドクリームをつけるように心がけましょう。


美肌工房を検索
Webを検索