敏感肌、乾燥肌、にきびをサポートする美肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > 敏感肌・乾燥肌情報局 > 敏感肌・乾燥肌のスキンケア > 敏感肌・乾燥肌のクレンジング

敏感肌・乾燥肌のスキンケア

敏感肌・乾燥肌のクレンジング


乾燥肌や敏感肌になってしまった場合、化粧品などによる肌への刺激はなるべく避けるようにしなければいけません。毎日使うクレンジング料は、一見見落とされがちですが、自分の肌に合ったものを選ばないと、肌への負担が大きくなってしまいます。

もともとメイク汚れを落とすクレンジング料は、洗顔料などよりも洗浄力が強いものです。クレンジング料の洗浄力の源がなんであるかを知ることで、敏感肌や乾燥肌の対策を考えることができます。

敏感肌・乾燥肌に刺激になってしまう界面活性剤

メイクは油汚れですから、これを落とすためには、水分ではなく、油分が必要です。油と水はもともと混ざり合うものではないので、油分を落とすには、油分でなじませる必要があるのです。

しかし油分で浮き上がらせた汚れを、水で洗い流せるようにする必要もあります。そのためには、水と油の仲介役を果たす界面活性剤が不可欠になってきます。

たとえばドレッシングは油分と水分が完全に分離していますが、マヨネーズは油分と水分が混ざっています。これは卵黄が油分と水分を混ぜる界面活性剤の役割を果たしているからです。

卵黄というといいイメージかもしれませんが、界面活性剤、主に石油から作られた合成界面活性剤の場合はそうはいきません。合成界面活性剤は、本来吸収する作用のない肌に浸透していき、さらにその強い残留性によって、長い間肌に残ります。

汚れになじんで落とすという点では有効ですが、肌に浸透してしまうと、角質層の細胞を破壊してしまったり、乾燥肌や敏感肌など、弱っている肌には刺激になってしまいます。

とはいえ、ある程度の洗浄力でメイクを落とすためには、界面活性剤が不可欠です。クレンジングを選ぶ際は、適度な油分と水分、適度な界面活性剤が配合されているものを選びましょう。

敏感肌・乾燥肌には専用のクリームタイプ

敏感肌・乾燥肌にはなるべく刺激の少ないクレンジング料を使う必要があります。オイルタイプのものはメイクへのなじみもよく、汚れがよく落ちるので使っている人も多いですが、よく落ちるのは油分が多いためです。

油分が多いと必然的に界面活性剤も多く配合されているということになり、敏感肌や乾燥肌には刺激が強すぎる場合があります。逆に水分が多いのが泡になって出てくるタイプです。

泡タイプはイメージ的にも肌にやさしい気がしますが、泡を作るには水分が必要で、多めの水分で油汚れを落とすために、やはり界面活性剤が多く配合されていることがあり、これもまた刺激になってしまいます。

またコットンなどにつけて拭き取るタイプのものがありますが、敏感肌や乾燥肌には大きな刺激になってしまいます。どれだけ上質なコットンでも、汚れを拭き取る動作は、敏感になっている肌には大敵です。

これらを踏まえて、クレンジング料は洗い流せるクリームタイプのものを使うといいでしょう。油分や水分、界面活性剤の量が適度です。また、敏感肌用のクリームタイプは、肌への刺激が少なくできているので、おすすめです。

敏感肌・乾燥肌のクレンジング方法

どれだけ肌にやさしいクレンジング料を使っても、界面活性剤を含むクレンジング料は肌への刺激になるので、できるだけ短時間で終わらせた方がいいです。多少メイクが残っていても、このあとに洗顔をするので、サッと終わらせるように心がけましょう。

まず手を洗い、クレンジング料を手にとって、体温で軽くあたためます。これは油汚れとなじみやすくするためで、クレンジングを短時間で終わらせるためです。

手にとったクレンジング料を指の腹でとり、濡れていない状態の顔につけていきます。この時、ごしごしこすらずに汚れを落とせるようにわりとたっぷりとるようにします。

つけていく順番にも気をつけましょう。クレンジング料は肌に刺激を与えるものなので、皮膚の強い部分から先につけていくようにします。まずは額や鼻などのTゾーン、次に頬やあごなどのUゾーン、最後に最も皮膚の弱い目元、口元につけていきます。

この時、あくまでなじませるようにやさしく顔にのせていきます。何度もいいますが、ごしごしこすってしまうのは乾燥肌や敏感肌にはNGです。

メイク汚れはクレンジング料のもし濃いメイクをした日は、クレンジングの前に、オリーブオイルをコットンにしみこませて、それを目元と口元に1分ほど乗せてみてください。メイクがなじんできて、クレンジングの際、汚れが落ちやすくなります。この時もコットンでこすらずに、軽くぬぐう程度にします。

顔のメイクとクレンジング料がなじんできたら、ぬるま湯ですすぎます。この時熱めのお湯だと、乾燥肌や敏感肌の人には刺激になってしまったり、さらなる乾燥を招いてしまうので、水に近いぬるま湯ですすぐようにしましょう。

必要以上のクレンジングはしない

クレンジング料は肌への刺激になり、特に乾燥肌、敏感肌の人には肌への負担が大きくなります。メイクをしていないのにクレンジングしたり、1日に何度もクレンジングをする必要はありません。

また、クレンジングのあとに洗顔をするので、メイクが少しぐらい残っていても、短時間でクレンジングを終わらせることを優先させましょう。マスカラが少し残っているより、クレンジング料が長時間肌に触れている方が、乾燥肌、敏感肌には危険です。


美肌工房を検索
Webを検索