敏感肌、乾燥肌、にきびをサポートする美肌のためのスキンケア総合サイト〜
美肌工房 > 敏感肌・乾燥肌情報局 > 敏感肌・乾燥肌のスキンケア > 敏感肌・乾燥肌のメイク

敏感肌・乾燥肌のスキンケア

敏感肌・乾燥肌のメイク


敏感肌や乾燥肌の人のメイクで、一番気をつけたいのはやはりベースとなるファンデーションです。乾燥を気にするあまりファンデーションをつけない人もいるようですが、どんな乾燥肌や敏感肌でも、紫外線対策は必要です。ファンデーションは紫外線から肌を守ってくれるので、外出する際は薄めでもつけることをおすすめします。

乾燥が気になるからクリーム、リキッドタイプ?

敏感肌や乾燥肌の場合、パウダータイプだと乾燥するからといって、クリームタイプやリキッドタイプを使う人が多いようです。確かにパウダータイプは水分を吸収しやすいですが、クリームタイプやリキッドタイプは乾燥肌や敏感肌に適しているといえるでしょうか。

クリームタイプやリキッドタイプは、粉状である顔料を液体の中になじませるために、乳化剤という界面活性剤を使用しています。クレンジング料や洗顔料でおなじみの界面活性剤です。

合成の界面活性剤の場合、肌への浸透性が非常に強く、また残留性も強いので、肌の中に侵入し、敏感になっている肌に刺激を与えてしまいます。敏感肌や乾燥肌の場合、さらなる肌荒れを防ぐために、肌への刺激を極力少なくする必要があります。

敏感肌や乾燥肌でもパウダータイプ

パウダータイプは乾燥するからと避ける人が多いです。確かにパウダー自体は水分を吸収しやすい性質がありますが、メイクをする前に美容液や保湿クリームでしっかり保湿できていれば、問題ありません。

パウダータイプは、肌の刺激になる界面活性剤を使用していなく、固形物なので肌に浸透するということがほとんどありません。肌が敏感になっている人にはパウダーファンデーションか粉おしろいをおすすめします。

パウダータイプは粉浮きしてしまう

パウダータイプはよく粉浮きしてしまうといいますが、メイク前にセラミド配合の美容液やクリームでしっかり保湿できていれば、それほど粉浮きはしません。

また夏場に化粧崩れしてしまう場合は、スキンケアの段階で、油分の少ない美容液を使ったり、乳液を使わないようにしたりして、油分を少なめにするようコントロールしてみましょう。最初は粉っぽくても、しばらくすると皮脂が出てきて、自然となじむようになってくるはずです。

また冬場にどうしても粉浮きしてしまう場合は、クリームやリキッドタイプではなく、練り状になっているスティックタイプのものを使ってもいいでしょう。これもパウダータイプと同じように界面活性剤などの添加物は少ないです。

また空調などの影響で肌が乾燥してきたと思ったら、化粧水か美容液を手で軽くつけるのもいいです。スプレーは水分が蒸発しやすいので、要注意です。

スポンジやブラシの使い方

スポンジやブラシを使ってファンデーションをつける時、あまりこすらずに力をいれずにつけるようにしましょう。化粧ののりが悪いときなど、ついつい何度もこすってしまいがちですが、肌への刺激になってしまうので、敏感肌の人は特に気をつけましょう。

ブラシの場合は、毛を寝かせてつけてあげるといいでしょう。痛くないのでついつい毛を立てて使ってしまいますが、これもまた肌への刺激になります。

落ちにくい口紅やリップグロスは避ける

唇は皮膚も弱く、とても乾燥しやすいです。落ちにくい口紅やリップグロスは、乾燥して敏感になっている唇には刺激が強いです。また落とすときについついこすってしまうこともあるので、それ以外の、できれば敏感肌用の口紅を使うといいでしょう。


美肌工房を検索
Webを検索